北海道からの直行便で海外へ!

韓国の観光情報

  • HOME »
  • 韓国の観光情報

韓国観光公社

’16~’18韓国訪問の年、再び訪れたい韓国へ

  韓国では、2018年に江原道平昌で開かれる政界の冬季スポーツの祭典を控え、国内のムードはますます高まってきています。そのような中、このイベントとの連携により韓国観光を盛り上げようと、2016-2018年の3年を「韓国訪問の年」として定め、官民一体となって、日本をはじめとする海外からのお客様を心を込めてお迎えいたします。
  北海道からの直行便も多数運航している韓国から、ますます目が離せない!

  icon-check-square-o 韓国観光公社のホームページはこちらから(韓国観光公社のトップページへリンクします) 

 

 

 

 

 

 

<参考情報>

  icon-check-square-o 平昌冬季オリンピック公式ホームページ(英文)はこちら 
  icon-check-square-o 新千歳空港から韓国への直行便はこちら

   新千歳ーソウル線(新千歳 出発到着
   新千歳ープサン線(新千歳 出発到着
   新千歳ーテグ線(新千歳 出発到着

 

韓国基本情報  

 ※韓国についてダイジェスト版で簡単にご紹介します。
  より詳細については、韓国観光公社のホームページが充実していますので、ぜひご覧ください。

韓国の地理と時差

 ・韓国は北緯33-43度、東経124-132度の間にあり、アジア大陸の北東部に位置しています。
 ・標準時正午線は135度で世界標準時より9時間早く、日本との時差はありません
 ・大韓民国の面積は100,033平方メートル(長さ約1,030km、広さ175km)で、首都はソウルです。

 

直行便での飛行時間

・新千歳-ソウル間 約3時間

韓国の気候

・韓国は温帯地域にあり、気候は日本の本州北部~中部とほぼ同じで、四季の変化がはっきりしています。

言語

・韓国語

通貨とチップ

通貨=ウォン

 ※近年は1ウォン=0.1円程度で推移しています。
 ※正確な数値については、各自ご確認ください。

チップ

・特にありませんが、ホテルのベットメイキング等にはW1,000~2,000程度、タクシーに乗り荷物を運んでもらった場合には料金の10%程度を渡すとよいでしょう。その他、レストランでのチップの習慣はありません。

国際免許証の可否

・可(出発前に国際免許証の取得が必要です)
 icon-check-square-o 詳細は警察庁のホームページでご確認ください

電圧と周波数

電圧:110/220V
周波数:60Hz

飲み水

・水道の設備は整備されているが、配管が老朽化しているところもある。
・水は硬質なので慣れていないと下痢を起こすこともある。
飲用には市販のミネラルウォーターをおすすめします。

予防接種

6月~9月の暑い時期に食中毒が多く発生しています。
・特に、屋台などでは、A型肝炎、細菌性赤痢、腸チフスなどが発生することがある。
・過去にはコレラが流行したこともありました。
・食べものは、生で食べることは避け、十分加熱されたものを冷めないうちに食べるようにしましょう。
・日本脳炎は、全域でまれに散発例が報告されており、多くは5月~10月に発生しています。
・マラリアは、主に、江原道、京畿道、仁川市の北部(非武装地域を含みます)で三日熱マラリアに感染するリスクがありますので、これらの地域へ行く人は蚊よけ対策が必要です。

推奨される予防接種

A型肝炎、B型肝炎、破傷風、(日本脳炎*)

*農村部に長期滞在する場合は推奨
※黄熱流行国から入国する際も、黄熱の国際予防接種証明書は必要ありません。

 icon-check-square-o 詳細は厚生労働省免疫所のページでご確認ください

 

医療機関情報

・医療機関は、日本と同様、整備されており、技術的なレベルを心配する必要はなく、診療を受けられます。
・日本語の通じる病院もいくつかあります。

 icon-check-square-o 日本語の通じる医療機関への連絡方法(在大韓民国日本国大使館のページ)

受付時間:平日8時45分~17時30分 TEL 011-204-5955 【窓口】北海道海外旅行促進事業実行委員会
(北海道総合政策部 航空局 航空課 国際航空グループ内)

道内空港からの海外直行便 時刻表

新千歳空港国際定期便 時刻表
(新千歳空港の公式ページにリンクします)

  出発便時刻表
  到着便時刻表

 

函館空港国際定期便 時刻表
(函館空港の公式ページにリンクします)

 

旭川空港国際定期便 時刻表
(旭川空港の公式ページにリンクします)

PAGETOP
Copyright © 北海道海外旅行促進事業実行委員会 All Rights Reserved.